【YouTube】「素潜りマーメイドスイム研究所」のチャンネル登録をどうぞよろしくお願いいたします

クラブメッド石垣島でマーメイドスイム三昧!(Club Medカビラ)

この記事は約4分で読めます。

石垣島のリゾートホテル・クラブメッドカビラの思い出です。クラブメッドは一風変わったホテルですが、マーメイドスイムをするための環境も整っています。クラブメッドと2013年当時のマーメイドスイム事情についてお話しています。

人魚旅シリーズ・石垣島


今回は「人魚旅」シリーズです。2013年6月に石垣島を訪れたときのマーメイドスイムの様子をレポートします。特にクラブメッドというホテルについてご紹介したいと思います。

クラブメッド石垣島カビラとは?


石垣島のクラブメッドはちょっと変わった宿泊施設です。全世界に系列のホテルがあることもあって、働いているスタッフの方は日本人よりも海外の方のほうがが多いんですよ。だから公用語が英語なんですね。

もちろん日本語も通じますが、スタッフ同士は英語を使っていてお客様も半数以上が海外の方でした。ただ例のウイルスが蔓延している今では、ちょっと状況が変わっているでしょうね。

それとオールインクルーシブと言って、料金の中にご飯代・飲み物代、レジャーからステージショーまで全て込み込みで含まれているんですね。毎回ご飯をどこで食べよう……とか迷わなくてすむし、ほぼ朝から晩まで食べ放題飲み放題。プライベートビーチやプールで泳ぎ放題。工作やヨガ、ウィンドサーフィン、パドルボート、空中ブランコ、アーチェリーなど面白い教室を受講し放題。

フレンドリーなホテルスタッフ


1週間以上滞在しましたが、あれもやりたいこれもやりたいで充実したバカンスになりました。私が訪れたときはスタッフの方がお客様のテーブルで一緒に食事をするというシステムで皆で、ワイワイおしゃべりしながらの晩ごはんでした。これが普通の日本のホテルと違うところです。かなりスタッフとお客様の距離が近いんですね。

日本人はシャイな人が多いので、希望者はカップルだけとか友達同士でとかお願いすればプライベートテーブルにしてくれるんですが、私はいろんな国の人とおしゃべりしたい性格なのでスタッフの方々の名前もしっかり覚えて「今日は一緒に食べるー?」「いいよー!」みたいに会話を楽しみました。

2013年当時のマーメイドスイム事情


一風変わったホテルなんですが、サマーシーズンだと一日中泳ぎ放題ですから、いつかここでマーメイドの皆さんと合宿できたらいいなーって思ってます。

このときのマーメイド衣装(マーメイドテイル)は自作です。2013年、今から8年前はマーメイドスイムというスポーツ自体が超マイナーな趣味だったので、衣装を売っているお店がなかったんですね。

今は海外にもたくさん専門のショップマーメイドスイムブランドがありますが、当時は自分で作るしかなかったんです。このレインボーの人魚衣装は以前出したお風呂動画でも着ていまして、今もちゃんと現役で使っています。

ページが見つかりませんでした | マリダイバー★素潜りマーメイドスイム研究所【人魚の学校(名古屋)】

ダイビングツアーでもマーメイドスイム


石垣島の海はとっても綺麗でしたね。クラブメッドの前にあるプライベートビーチも綺麗でしたが、浅いところしか泳げないんですね。だから遠くの海に船で行くツアーに申し込んで、そこでマーメイドスイムをしました。

ダイビングショップの方もマーメイドのフィンを初めてご覧になったみたいで、うちでもこういうツアーやろうかなー?なんておっしゃってました。

海外ではマーメイドスイムはもう数十年の長い歴史があるんですが、日本ではここ数年で流行りだしたので、今後さらに発展していくと思われます。

ユニークで面白いホテルでした


このクラブメッドのプールで泳いでいた時に仲良くなった支配人の方が、「あなたここで働かない? マーメイドショーとか企画したいんだけど」なんて目を輝かせていらっしゃいました。さすがにそれはお断りしたんですが、そんな感じのすごく自由な気風フランクリーでフレンドリーな体質のホテルなんですね。

だからクラブメッドは結構好き嫌いが真っ二つに分かれるホテルかもしれません。日本型のおもてなしというかさりげなく完璧にサポートする──みたいな施設ではなくて、スタッフの方々も友人感覚に近いので、ちょっと戸惑う方もいらっしゃるかと思います。

でも一度ハマってしまうと何度も行きたくなるそんな方も多いんじゃないでしょうか。そんなわけで私の8年前のマーメイドスイムとクラブメッドのご紹介でした。

動画で見る

ロケ地

石垣島・クラブメッド

タイトルとURLをコピーしました